遺言書の書き方

kuroki-egao0001.png 遺言は、それぞれ遺言の種類によって法律で書き方が決められています
せっかく書いた遺言書に不備があっては何の意味もありません。

自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方についての説明をいたしますが、のちのちのトラブルを避けるためにきちんとした遺言書を作成されることをお薦めします

遺言書作成の際は当サポートセンターへご相談下さい。

遺言の書き方ポイント

(1) 全文を自筆で書くこと。

(2) 縦書き、横書きは自由で、用紙の制限はありません。また、筆記具もボールペン、万年筆など何を使用しても構いません。

(3) 日付、氏名も自筆で記入すること。

(4) 捺印をすること。認印や拇印でも構いませんが、実印が好ましいです。

(5) 加除訂正する時は、訂正個所を明確にし、その個所に捺印の上署名すること。

 

公正証書遺言の書き方

(1) 証人2人以上の立会いのもとで、公証人役場へ出向くこと。

(2) 遺言者が遺言の内容を公証人に口述すること。
  (聴覚・言語機能障害者は、手話通訳による申述、または筆談により口述に代えることができます。)

(3) 公証人がその口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させること。

(4) 遺言者および証人が筆記の正確なことを承認したうえで各自が署名捺印すること。

(5) 公証人がその証書を法律に定める手続きに従って作成されたものである旨を付記して、これに署名捺印すること。

 

証人・立会人の欠格者について

遺言執行者は証人になることが認められていますが、未成年者、推定相続人、受遺者及びその配偶者、及び直系血族は証人にはなれません。

また、公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び雇用人も同様に証人にはなれません。

 

詳しい情報はこちらから

遺言書の書き方

3種類の遺言書

遺言書の書き方

遺言のメリット

遺言書の保管


 

 

無料相談実施中 ! まずはお気軽にご相談ください 0120-068-775

川崎西口相続遺言相談室が選ばれる3つの特徴

平日&土日夜間の無料相談会 明確な料金体系と事前お見積もり 必要なサービスを必要なだけご提供
川崎西口相続遺言相談室では、平日・土日関わらず相続の無料相談会を実施しております。 事前にお見積もりを提示し、ご納得いただいてからご契約となります。
これまでご依頼いただいていたお客様にも「安心できる」とご支持していただいております。
会計事務所の枠にとらわれることなく、お客様が必要とされているサービスをご提供いたします。
また、不要なサービスを付加しない点もご支持いただいています。
  • 聞いてみたいお客様の声
  • 相談しよう!無料相談会
  • お待ちしています!アクセス
  • ここが違う!選ばれる5つの理由
  • やっぱり気になる費用について
  • 一人で悩まないでご相談の流れ

当相談室に関するご質問・お見積もり依頼は無料です! お電話またはメールにてご連絡ください 0120-068-775

ご契約までの流れ

お問合せ 担当税理士との
日程調整
ご面談 ご契約
まずは、無料相談をご活用ください。
【平日】9:00-18:00
お電話・メールにてお問合せください。
担当税理士とお客様のスケジュールを確認後、お打合せの日程を調整いたします。 およそ1時間の無料相談では、専門家がご相談内容をしっかりとお伺いさせていただきます。 そのうえで、お客様に合ったご提案を致します。 専門的な事案となりますので、事前にお手伝い内容と、お手伝いさせていただく場合の料金についても、お伝えさせていただきます。
 
 

アクセスマップ

川崎西口相続遺言相談室までの道のりを解説いたします。
JR川崎駅の西口から徒歩3分です!
>>詳しい地図はこちら


アクセスマップ(地図)